2010/augustアクセサリーレッスン
今年の夏のアクセサリーレッスンは、40−45cmくらい短めの天然石ネックレスになります。1粒ずつ眼鏡留めをして、途中、白は淡水パールにローズクォーツ、黒はオニキスにラブラドライトという、グレーがかった反射する石を入れて単調にならないようなデザインにしました。留め金具は14kフイルドの金具で、少しクラシカルな雰囲気ですが2重にしたチェーンと天然石のバランスでフェミニンな要素も入れつつ、繊細でお洋服に合わせやすいネックレスです。長さもお好きな長さに仕上げられるのもアクセサリーレッスンならでは。秋にも使えるネックレスですので、是非これを機会に初心者の方もレッスンに参加されて作られてみませんか。全くの初心者という方で、お時間がかかる方はブレスとピアスに変更ができます。


  制作時間約2時間お申し込み:場所/代官山プルチーナ
     
素材:ブラック/オニキス、ラブラドライト、14kフィルド金具、14kフイルドチェーン
    ホワイト/淡水パール、ローズクォーツ、ピンクアベンチュリン 14kフィルド金具、14kフイルドチェーン
1:まず最初に、キーホルダーを作ります。ここでは、丸かんや眼鏡留め、チャーム留めなど、前回レッスンを受けられた方はここでまず、ウォーミングアップ。初めての方はアクセサリー作りの基礎となるテクニックを学びます。 2:次に天然石を一粒ずつアーテステックワイヤーで、つないできます。あらかじめ仕上げたい長さを測っておきます。14Fチェーン2本も天然石の最後で、つなぎ止め金具をつけます。  
 
※細長くてクラシカルな雰囲気の留め金具。金具もこだわりたいポイントです。写真では石の感じが解りにくいですが、ラブラドライトはグレーがかった少し七色に反射する石で重くなりがちなオニキスの印象を中和してくれています。淡水パールはローズクォーツを入れる事で、白いパーツの中にも透明感がプラスされフェミニンな甘さが加わります。 ※長さを調節しながら、作ります。短いチョーカータイプから、45cmくらいのゆるい長さまでチェーンの長さで調節して仕上げます。(着用サイズ43cm)